脱毛方法の違い?痛くない脱毛方法とオススメの人

痛くない脱毛方法とは

脱毛は痛くて辛いというイメージがある人も多いと思いますが、近年では痛くない脱毛方法が増えてきています。痛みは脱毛方法によって異なり、全く痛みを感じないものからゴムで弾かれたような痛みがあるもの、強い痛みを伴うものなど様々です。この違いは脱毛に対するアプローチが異なるためです。

一般的には、毛根に特殊な光をあてることで毛根にダメージを与えて脱毛していくのが脱毛サロンの光脱毛です。

この方法は熱を発生させるため、肌の状態や痛みの耐性、体質によっては大きな負担になってしまいます。それを改善するためのアプローチが違う脱毛機器は近年たくさん開発されており、脱毛方法によっては痛みなく脱毛することができるようになっています。

痛くない脱毛のアプローチの仕方

まず、痛みのない脱毛方法としてあげられるのがハイパースキン脱毛です。この方法は37℃ほどの低温の光をあてることで、毛の種となっている部分で毛包幹細胞という細胞を壊すことで脱毛していきます。他の脱毛方法と比べて成長期を狙う必要がないのが特徴です。

SHR脱毛は、毛包幹細胞のあるバルジ領域という部分に60℃ほどの光を当てて、熱を蓄えることで毛の成長をストップさせる方法です。連続して弱い光をあてるという方法のため痛みが少なく、短いスパンでも脱毛が可能となっています。

SSC脱毛は、脱毛する部分にジェルを塗って光をあてることで痛みを軽減しながら、ジェルに含まれる美容成分と抑毛成分を毛穴に浸透させて脱毛する方法です。

これらの方法は無痛や痛みを少なく脱毛したい、敏感肌の人などにオススメです。

毛深いことが気になり、ファッションが楽しめない方も多いです。脱毛はお肌をすべすべにして毛をなくし、色々な種類で行うことができます。サロンに通う方法と、セルフで行う方法があります。