ホルモンバランスを整える治療!!痕があるなら肌の再生力を高めよう!!

男性ホルモンの影響を抑える方法

体の中には男性ホルモンと女性ホルモンがあります。男性ホルモンは男性にしかないわけではなく女性にもあります。女性ホルモンも女性だけでなく男性にもあります。男性は男性ホルモンが多いのでより男性らしくなり、女性は女性ホルモンにより女性らしくなります。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが良ければ問題ありませんが、悪くなると体に異常が発生する可能性が出てきます。思春期に多く出やすいのがニキビですが、これは男性ホルモンが過剰になるのが原因とされています。ホルモンバランスが崩れているので、そのバランスを保てるようになると徐々に症状も減ってきます。医療機関においてホルモンバランスを調べてもらい、バランスを整えるようにしてもらいます。

肌の再生力を活発化させる方法

ニキビができると、あまり見た目は良くありません。かといって下手に自己流で治療をしようとすると痕が残りやすくなります。つぶしたりせず、専用の薬などをうまく使うようにしましょう。最もいいのは病院などで症状をチェックしてもらって受ける治療になるでしょう。ニキビができる時は、肌の再生力が鈍っている状態かもしれません。そこで治療の方法として、肌の再生力を活発化させるものを行ってみましょう。ピーリング治療と呼ばれるものがあり、古くなった角質を薬剤を使ってはがして新しい肌への再生を早くしてくれます。ニキビ痕を治したいときなどに使われます。美容関係の医療機関などで受けられますが、費用が掛かるときもあるので注意しましょう。

ニキビ跡を治すためには、肌のターンオーバーを活性化した皮膚を古いものから新しいものにチェンジしなくてはなりません。このために、ビタミンCやプラセンタといったターンオーバー成分が有効です。