食事だけでは不足しがち!葉酸サプリで赤ちゃんの健康を守る

身体に不可欠なビタミン

サプリメントは食事だけでは不足しがちな栄養を補うのに役立つものであり、多くの人に利用されています。

そんな中で、特に妊娠中の女性たちの間で人気を集めている商品があります。それが、葉酸サプリです。

葉酸とは水溶性ビタミンの一種で、ビタミンBの仲間です。赤血球の合成を助けるなど造血作用において重要な働きをするため、葉酸の摂取は貧血防止などに良いとされています。

また、葉酸は核酸の合成に不可欠なビタミンでもあります。そしてこの働きが、妊婦にとって非常に重要なのです。

赤ちゃんの身体を作る働き

葉酸の働きによって作られる核酸は、身体が新しい細胞を作り出すための基本となる物質です。つまり妊婦のお腹の中で赤ちゃんが育つ際、葉酸の量が十分でないと細胞分裂がうまくいかず、健全な成長が阻害されてしまうのです。

この傾向は特に妊娠初期に強く、妊娠12週目までの妊婦が葉酸不足の状態でいると、赤ちゃんに神経管閉鎖障害という先天異常の発生リスクが高まると言われています。また、出産後も母乳を通じて赤ちゃんに葉酸を供給するため、母親は十分な量の葉酸を摂取するのが望ましいとされています。

妊娠中は通常時の2倍必要

葉酸は鶏や牛のレバーや枝豆・ほうれん草・ブロッコリーなどさまざまな食品に含まれており、成人における1日当たりの推奨摂取量は200μgとなっています。これは、ごく一般的な食生活を送っていればクリアするのがそれほど難しい数字ではありません。

しかし妊婦にあっては、この2倍に当たる400μgの摂取が推奨されています。そのため、意識的かつ積極的な摂取が必要になります。そこで活用すると便利なのが、葉酸サプリです。効率的に葉酸を補給することができます。

葉酸サプリは、ビタミンB群の栄養素が配合されたサプリです。赤ちゃんを授かりたい人には、食事だけでは不足するため、補給が必要になります。